読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇天パッチ

『殴る、斬る、撃つ』 暴力エンターテイメント好きの視点

聲の形(2016年)

監督 山田尚子
脚本 吉田玲子
原作 大今良時講談社コミックス刊)
出演者 入野自由早見沙織悠木碧小野賢章、金子有希、石川由依潘めぐみ豊永利行松岡茉優

週刊少年マガジン」に連載され、「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」などで高い評価を受けた大今良時の漫画「聲の形」を、「けいおん!」「たまこラブストーリー」などで知られる京都アニメーション山田尚子監督によりアニメーション映画化。脚本を「たまこラブストーリー」や「ガールズ&パンツァー」を手がけた吉田玲子が担当した。退屈することを何よりも嫌うガキ大将の少年・石田将也は、転校生の少女・西宮硝子へ好奇心を抱き、硝子の存在のおかげで退屈な日々から解放される。しかし、硝子との間に起こったある出来事をきっかけに、将也は周囲から孤立してしまう。それから5年。心を閉ざして生き、高校生になった将也は、いまは別の学校へ通う硝子のもとを訪れる。(映画.comより抜粋)

映画『聲の形』 本予告


映画『聲の形』 ロングPV

評価の高い大今良時の原作漫画を、『けいおん!』や『たまこラブストーリー』の山田尚子監督が映画化。障害を描いたストーリーゆえにどの程度受け入れられるのか心配していたが、『君の名は。』のヒットに引っ張られる形で、ちゃんと客が入っているようで安心している。

 

原作はハードなイジメ描写や、登場人物達の暗部が執拗に描かれている。読み終えると、主人公たちを祝福したい気持ちがある一方で、なんとも嫌なものを見せられたと心が沈みこむ、相反する気持ちが湧き上がってくるという、一筋縄ではいかない漫画だった。では映画版はどうだったかというと、将也と硝子に焦点を絞ることで、原作にあった負のイメージというのは最小限に抑えられていた。また、人物の内面はちょっとした仕草のクローズアップで表現されている。そうした抑えた演出も、人間関係が複雑だった原作を、二時間にまとめつつ物語を破綻させないことに一役買っている。


仕草のクローズアップで人物の内面を描く演出が、山田尚子監督の得意技であることは、アニメファンなら誰もが知っていることだろう。特に有名なのは足のクローズアップだ。『けいおん!』では女子高生達の距離感やバンド活動の楽しさを足のクローズアップで表現した。『たまこラブストーリー』では初めての恋愛に思い悩む女子高生達の内面を表現した。そして『聲の形』では内面だけではなく人間関係までも表現した。

 

人物が本音で話すとき、肩幅に開いた足は地面に根を張ったようにどっしりと立っている。言いづらい気持ちを伝えるときは、やや内股になった足がふらふらと動き続ける。こうした足の動きだけで心境や人間関係を表現できるのは、丁寧に作りこまれたディテールがなせる技だ。特に、将也が病院から抜け出してと硝子と会うシーンでは、こうした作りこまれた動きと、あえて演奏中のノイズまで収録した楽曲が合わさって、十代特有の不器用さがぶつかり合う様が不快に感じるほど伝わってくる。のめり込んで観ていると、何度も息ができなくなってしまうほどだ。

 

間違いなく山田尚子監督の最高傑作。秋の夜長を楽しめる素晴らしい映画なので、ぜひ多くの方に観て欲しい。

 

 

 

どちらも監督の代表作であり、ディテールの作りこみは必見。 

映画 けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)

映画 けいおん! (Blu-ray 初回限定版)

 

 

 

 いままで一度も興味を持った事がなかったが、映画館で主題歌を聞いてみたら、歌い方が驚くほど映画とマッチしていた。

恋をしたのは(初回限定仕様盤)

恋をしたのは(初回限定仕様盤)